スポンサーリンク

kannshokukikegas

近年、食品の異物混入や偽装事件が
世間を賑わせています。

万が一のことを考えて、子どもたちが給食を食べる前に、
先生方が検食を行っている自治体も増えています。

日本では、食に対して、
神経質なくらい衛生状態を気にしますが、
韓国ではそうではないようです。

韓国の料理人は、手を洗わず調理を行い、
客が食べ残したものを平気で使いまわし、
虫が入った料理を出すことさえ当たり前です。


kagnsdaghas

そのため、韓国から輸出される食品の中には、
蛆虫やネズミの死骸など
いろいろな異物が混入していると報告がされています。

また、韓国産海鮮物による、
食中毒事件が日本国内でも発生しています。

韓国では、養殖の肥料として
犬の糞尿を利用するのが一般的
なため、
糞尿に含まれる寄生虫が
そのまま付いた状態で加工されたことが理由と考えられます。

私たちがよく口にする韓国産キムチに使われている白菜も、
寄生虫が付いたまま加工されている可能性
があります。

kimutighsoafhas

また、下水汚泥をそのまま海に垂れ流しているため、
貝類や甲殻類など、韓国近海で取れる海産物も安全とは
言えないでしょう。

そんな国から、日本はいまだに無検品のまま輸入を続けています。
すでにアメリカでは、韓国産カキでの死亡事故が発生し、
韓国産海鮮物に対して輸入規制に踏み切っています。
当然の処分ですね!自国民の健康が第一です。


自国の衛生管理が怪しい中国でさえ、
同様の措置を取っている状態です。

衛生管理や品質管理をまともに行えない国から輸入では
消費者から信頼を失うばかりです。
こんな国からの輸出が拡大するとは考えられませんが、
何故か日本では韓国食品に好意的な人が多いですよね?



↑中国の毒入り餃子ならぬ韓国の生ごみ餃子事件↑
しかも、輸入品だからケンチャナヨ!とのたまっております・・・。


スポンサーリンク


スポンサーリンク