スポンサーリンク

韓国では放火事件は珍しいことではありません。

houkagazou

2008年の韓国全土の放火事件は4420件まで増え、
2001年の統計と比べると60パーセント以上も増加しています。


しかも、ソウル市では、全体の火災の件数は減っているのに、
放火事件だけは増え続けている
のです。

火事は、家も家財も何もかも焼き払い、
無一文になってしまいます。火事は本当に恐ろしいのですよね?

edohouka

日本では江戸時代には放火犯は未遂でも火あぶりの
死刑
と言う重い刑を科す位に、
酷い犯罪だということを認識していました。

それなのに、韓国では自宅に放火するというケースが、
かなりの数に上ります

何がそこまで彼らを追い詰めたのでしょうか?

加熱する受験戦争や、失業や、低賃金で働き続けること
そのいろいろなストレスを「放火」という形で
発散しているかのように見えます。

韓国では「ストレス解消」の理由で放火を
行っているケースが少なくありません。




↑の動画は韓国人が追い詰められ
自殺率が上がってしまった理由を解説しています。

買い物をした店の店員の態度が悪い、
自分の希望の商品がなかったなどの些細なことで不満を募らせ、
その不満が暴走して、放火という形で表面化してしまうのです。

確かに日本でもムシャクシャして放火した
などと言う事件はあるには、
あるのですが、件数が韓国とは比較になりません!

ストレス解消で、放火し、人に迷惑をかけるとは、
あまりにも自分勝手な考え方だと私は感じます。

minamidaimonhoukaghosa

2008年にソウル市の南大門が放火された事件を
覚えていますか?

国宝第1号である、南大門が放火された理由も
犯人のストレス解消のためなのです。

日本の靖国神社にも放火をしようとしている
画像をアップする韓国人も居ましたね・・・。

yasukunihoukatyon

日本だと国宝を燃やすなんて、
よっぽどの理由が無ければ罰当たりな・・・って
思ってしまい気が引けてしまいそうですよね?

自宅を放火して、すべてから逃げ出したいストレスや、
人の迷惑を一切考えずに放火してしまうには、

韓国人の経済的困窮や失業、家庭崩壊などの
深刻な問題が根底にあるように思えます。


↑韓国は滅びる?多数の人災、経済崩壊を国民が不安視!

大きなストレスを抱え、
疲れ切った国民が大勢いる国の経済が順調とは
とても思えません。

ネット上などでは韓国の国技として放火を
あげて揶揄することも多々ありますが、
笑い事では無い深刻な社会問題となっている
現実がある様ですね・・・。


韓国人の女子高生が小学校を放火!靖国だけじゃない国技発動・・・。

↑の動画の、
女子高生が小学校を放火って本当に酷いですね・・・。
しかも動機があまりに理不尽で本当に恐ろしくなりました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク