スポンサーリンク

資本主義の社会では、国内市場で複数の企業が競合し、
良い製品を製造し、お互いに切磋琢磨を繰り返して、
他には真似の出来ない形へと、
成長していくのが本来の姿だと思います。

gurobarukengdapso

企業が成長すれば、国民の雇用や給料も増え、
国全体が一緒に豊かになることができますよね?

まさに多くの中小企業で成り立つ、
日本の産業構造は、この様に発展して来ました。

ですが韓国のように、グローバル市場での
勝利を目指して誰が幸せになったのでしょうか?

確かに、国内の需要が頭打ちだから、
次は海外市場に出ていき、グローバル化を
進めて行くべきという考え方も一理あります。

しかし、国内はどうなってもいいから
世界市場で利益を出そうとする方針は明らかに、
間違っていますし国民が幸せになれると考えられないですね。

韓国経済は、徹底的にグローバル化された株主資本主義です。
たった数社の超巨大企業がグローバル市場で勝ち抜くために、
韓国政府が減税、通貨安政策など全面的に支援しています。

⇒株主最優先の韓国経済をまとめた記事

国が相手ですから、トヨタやホンダなどの
日本企業が勝負しても勝てるはずがありません。

hyundaipakegaops

だからと言って、
今度は日本が韓国と同じ方法で国際競争力を付けたり
グローバル化を目指す必要はありません。

なぜなら、韓国と同じように、
国内の自動車メーカーを1社だけにして、
売上を上げれば、競争力が付いたことになるのかもしれませんが、
それは本当に「勝ち」とは言えないと考えるからです。


日本は今の韓国をお手本にする必要など全くないのです。
現に、韓国が輸出企業の発展を優先するために、
韓国国民は犠牲になっています。

グローバル市場で勝つことができても、
国民が幸せでない国が本当に勝利していることに
なるのでしょうか。

今の、日本に必要なことは、
まずはデフレを脱却して、国内市場を拡大
することです。

よその国を真似するより、
自分たちの足元を固めることが大切なのです。

そうでなければ、
韓国と同じように経済の崩壊の危機に
さらされるかもしれません。

韓国では国民よりも海外の投資家や株主を
潤わせる経済的な仕組みが出来上がりつつあります。


三橋貴明さんの様な経済学者の間では、
もはや経済植民地とすら言われている現状を
多くの、韓国人は把握してそれを受け入れているのでしょうか?

いつの間にか政府が決めてしまい、
メディアでは韓国企業が世界を席巻したと言う
情報を聞き生活は苦しくても、
世界に認められた!と勘違いしているのかも知れませんね・・・。

国民を犠牲にしてでも、
世界へ打って出る必要は本当にあるのでしょうか?
国民の幸せこそが一番大切だと思うのですが・・・。

一部のグローバル企業の幹部のみが、
国民全体から外国人と共に搾取する様な経済構造の
格差社会は想像しただけでもぞっとします。


↑の動画で語られる真実が・・・。
竹中平蔵さんと言う小泉政権時代のブレーン的な
人がなんと韓国で暗躍していたそうですね・・・。

経営者にとって良い社会=国民の幸せ
では無いので気をつけましょう!


スポンサーリンク

↓ブログランキング応援お願い致します!↓


スポンサーリンク