スポンサーリンク

韓国ではごく一部の企業が韓国の
経済を支えてるシステムを採用しています。

samukaityaoisgsa

その「ごく一部」は、私たちが想像しているより、
はるかに「ごく一部」なのです。
たとえば、韓国の企業というと、何を思い浮かべますか?

「サムソン」?「現代」?他には?
あなたが知らないのではないのです。

他に企業がないとは言いませんが、
外国人の私たちが会社名が分かるほど
大きな企業が他にない
のです。

韓国では、経済を限られた企業が独占しています。
上記の2社とボスコという、
韓国最大の製鉄会社を含めた3社だけで、
韓国のGDPの約30パーセントを占めているのです。

kankokuGDPnaiyaku

しかも、「サムソン」とその関連会社だけで、
約21パーセントなのです。

日本が誇る「トヨタ自動車」の売上が
GDPの4パーセント程度だと聞くと
その数字が尋常でないことがお分かりいただけると思います。


このように、ごく一部の巨大企業が
韓国経済を支えているということ、
そして、その企業がすべて輸出企業であることは、
非常に不自然に感じます。

kankokuyushutugyoutaihan

過去には韓国にも複数の財閥企業が存在し、
傘下にある企業が過当競争を繰り広げていました。

しかし、アジア通貨危機をきっかけに、
IMF(国際通貨基金)が介入し、
その過当競争が、各企業の利益の圧迫を
促している要因だとして、

「ビッグディール(企業の大規模事業交換)」
を強制的に行なったのです。

日本でいうと、

  • パナソニック
  • ソニー
  • 日立製作所
  • 東芝
  • 富士通 など

をまとめて合併させるようなものです。

ほとんどの業界で巨大企業が誕生し、
国内市場をほぼ独占
することになりました。
韓国での歪んだ独占市場はこうやって誕生したのです。

日本国内の就職問題も、
大企業思考は未だに根強いのですが、
韓国の場合はこれらの財閥企業に就職出来ないと
搾取される側に回ることに他なりません。

皆、そうなりたくないので、
学生時代に狂った様な詰め込み教育で、
受験戦争を戦い抜きます。

人生の全てを大企業に就職する為に、
捧げるといっても過言では無い状態ですが、
実際に入れる人は一握りの人間しかいないのです。

⇒優秀な韓国人は海外へ留学後、帰国しない理由と経済低迷の理由


これに絶望した韓国の社会では、
自弑率は上がり、優秀な韓国人ほど、
自国を脱出して海外の企業で働くことが多いそうなんですよ。

これでは、いずれ空洞化してしまい、
海外から大量に入っている外国人投資家も
甘い汁を吸い尽くしたら一気に離脱してしまうかも
知れないですよね?

一時期の日本のメディアの報道とは裏腹に、
韓国の未来をバラ色に見ていないのは、
一部の優秀な韓国人だけなのかも知れませんね。


↑一部ではIMFは韓国の二度目の破綻を
容認するかも知れないといわれていますね・・・。


世界中で厳しい目を向けられるサムスン↑
今後、韓国経済は回復できるのでしょうか・・・?


スポンサーリンク

↓ブログランキング応援お願い致します!↓


スポンサーリンク