スポンサーリンク

韓国経済が急成長した背景には、ウォン安がありますね。
当たり前のことですが、自国の通貨が安くなれば、
海外市場では有利に働きます。

韓国経済急成長

円高で苦しんでいた日本とは、ちょうど逆になりますね。
韓国の輸出企業は、ウォン安を追い風にして、
どんどんと成長
していきました。

しかし、1997年に底をついたウォンが
徐々に高騰しはじめ、輸出も頭打ちに
なりました。また、韓国経済の成長も鈍化したところに、
2008年のリーマン・ショックが起りました。


この時、韓国は通貨危機並みの暴落を経験します。

李明博大統領が打ち出した「ウォン安政策」が、
韓国の輸出依存を強化する結果となったのです。

李大統領は、ウォン安を逆手に取り、
安い韓国製品を大量に輸出することで
韓国経済を牽引している大手輸出企業を
復活させようとしました。


韓国経済を大手輸出企業にすべて賭け、
海外輸出に依存することで、成長路線に戻す戦略を取ったのです。


↑サムスンが倒産すると大変なことになる韓国↑

それまでもサムソン電子と、現代自動車は、
韓国経済の中心ではありましたが、
完全に主役の座を独占することになりました。

この2社が成長しなければ、韓国経済の成長もない。
李大統領は両企業と「心中」の
覚悟があったのではないかと思います。

韓国の輸出依存度

実際に、それ以降、韓国経済は、
輸出依存を高めていきます。
単純に比較はできませんが、
日本の貿易依存度と比べると約4倍近いという
統計も出ています。

ここまで、輸出への依存度を増やすためには、
極端な政策がなければできないことです。
確かに、世界中で韓国製品はよく見るようになりました。

しかし、異常に高すぎる輸出依存体質と、
極端な政策が生んだ歪んだ経済モデルを今更、軌道修正を
しようとしても難しいでしょう。

実際にウォン安の時には調子がよかった韓国経済も
少しウォン高に振れただけで大ダメージを受けてしまっています。

これは、やはり韓国企業独特の売り切りパクリモデルと
内需の小さい部分が弱点となっており、
世界情勢などの変化に対応することが出来ないのでは無いでしょうか?

フットワークが軽く政治の力で極端な政策にも
躊躇無く動ける韓国企業を日本は見習えという声が
以前は多数、聞くことが出来ましたが現在ではどうでしょうか・・・?


↑ウォン高で崩壊する韓国経済に関する解説は↑


↑ヒュンダイも・・・↑


スポンサーリンク

↓ブログランキング応援お願い致します!↓


スポンサーリンク