スポンサーリンク

パクリと言えば中国をイメージする人が多いとは
思いますが、韓国も負けず劣らずのパクリの上に起源を
主張すると言うウリジナルまでがワンセットとなっている
恐るべき国民性を持っています(笑)

韓国のパクリ文化

韓国人は家電や自動車などの
最終消費財を製造するのは得意ですが、

製品内部の部品製造技術に上げるような地味な
仕事はあまり好きではないようです。


そのため、韓国は製品を製造するために、
資本財やライセンスを海外から輸入する必要があるのです。

日本やアメリカが技術を輸出しているのに対し、
韓国は圧倒的に技術輸入国です。


↑日本と韓国の圧倒的な技術力の差↑

目先の利益にのみ焦点を当てているため、
自国の技術を開発するための努力や投資を
行ってきていない証拠です。

自国の技術がないため、韓国の大手企業は成長するために、
外国からどんどんライセンスの購入を行っています。

日本と韓国の特許に関する収支の違いは
下記の記事にまとめているので興味があればどうぞ!

⇒日本と韓国の特許収支の違い!

パクリ、捏造大国の韓国!


さて、韓国は「パクリ大国」「提造大国」として世界に
名を轟かせていることをご存知ですか。

実際、韓国の大手企業が外国のライセンスを無断で使用して、
訴訟沙汰になることが増えています


そもそも、韓国人は国民的に「特許」に代表される
知的財産権を重視しない傾向があります。



↑サムスン、アップルに完全敗北!パクリ裁判敗訴完敗で韓国経済大崩壊!

韓国国内では、莫大な費用と時間をかけて、
優れたゲームソフトを開発しても、
すぐにコピー品が出回ってしまい開発費の回収ができません。

韓国に任天堂のようなコンシューマー・ゲームの
企業が存在しないのは、そのためです。

ゲームだけで無く、PCソフトなどもそうですね・・・。
しかも、海外のソフトの海賊版が出回っているそうで、

ネットでは一時期、政府機関がウィンドウズの
アップデートが出来なくなるという噂が
出回っていたりもしました・・・。

割れwindows韓国

そもそも、知的財産権を重視していないのは、
韓国人というより、韓国政府
自体なのかもしれません。

韓国では特許侵害の訴訟を起こしても、
勝利するのが難しく、特許権者が勝訴する確率は
20パーセントしかありません。


韓国政府が法律を変えて、国民の特許に対する意識が
変わらない限り、韓国独自の技術が発展する
可能性はきわめて低いと言えます。


↑韓国のパクリが起源を主張するまでの流れ↑

しかも最終的にはパクッた上に起源を主張されては、
世界の怒りを買ってしまうのは目に見えていますよね・・・。


スポンサーリンク

↓ブログランキング応援お願い致します!↓


スポンサーリンク