スポンサーリンク

古賀茂明「グアムへの北朝鮮ミサイル迎撃すれば、戦争状態 日米安保に殺される日本」〈dot.〉


8/14(月) 7:00配信

8月15日の終戦記念日を前にして、私たち日本人は、戦争への道を一歩ずつ進んでいるのではないか。そんな気がしてならない。

8月10日の衆議院安全保障委員会。小野寺五典防衛相は、米軍基地のあるグアムが攻撃された場合、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」にあたるかどうかについて、次のように述べた。

「日本の安全保障にとって米側の抑止力、打撃力が欠如するということは、日本の存立の危機にあたる可能性がないとも言えない」

「わが国に対する存立危機事態になって(武力行使の)新3要件に合致することになれば、対応できる」(朝日デジタルより)

 一般論として、米国の抑止力がなくなったら存立危機事態に当たる可能性が高いという考え方は従来から安倍晋三総理などが表明している。これをグアム攻撃に当てはめてみると、グアムのアンダーセン空軍基地にはB1B戦略爆撃機などが駐留している。

 B1B爆撃機は、朝鮮半島有事の際に、米空軍の中心的役割を果たす戦力だ。つまり、グアムの米軍基地が攻撃されれば、B1Bなどの攻撃力に打撃が加えられ、その結果、米軍による抑止力が欠如する事態になることが予想できる。ということは、我が国にとっての存立危機事態の要件を満たす可能性があるということになる。

 実際には、専門家が指摘するとおり、本来集団的自衛権行使の前提となる存立危機事態を認定するには、米国自身が個別的自衛権を行使していることが前提となる。

 しかし、北朝鮮のミサイルがグアムに向けて発射された場合、米軍が個別的自衛権の行使として迎撃ミサイルを発射する前に、北のミサイルが日本上空に入っている可能性が高い。この場合、我が国が集団的自衛権を行使するためには、日本よりも先に、あるいは少なくとも同時に、米軍がミサイル発射などの自衛行為をとっていなければならない。ミサイルが発射されてから日本上空を通過するまでのわずかな時間内に、日米両国が連絡を取り合い、日本側では国家安全保障会議(NSC)を開いて存立危機事態の認定をし、集団的自衛権行使の決定をして、さらにミサイル迎撃命令を出すという一連の行為が必要なのだが、これは時間的に不可能ではないか、とも言われている。

●グアムの米軍を守るため、日本を危険にさらす安倍政権

 しかし、逆に言えば、日米間で事前に協議し、また、NSCでも事前に審議して、どのような場合に米軍がミサイル迎撃をするのか、そして、日本がどのような場合にそれに加わって集団的自衛権の行使として、迎撃行為に参加するのかを決めておけば、その想定の範囲内のことが起きた時には、半ば自動的に日本が迎撃命令を出すことは可能だ。

私は、すでにそういう準備がかなり進んでいるのではないかとみている。だからこそ、小野寺五典防衛相が、あそこまで積極的に迎撃の可能性を匂わせているのではないだろうか。

 今、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の間では、挑発合戦がエスカレートしている。今すぐ戦闘行為に入る可能性は非常に低いというのが専門家の見方だが、だからと言って、絶対に戦争にならないというわけではなく、最悪の事態も排除し切れないというのもまた一致した見方だ。

 万が一、米国とともに日本が北朝鮮のミサイルを迎撃する事態になれば、これは北朝鮮への武力行使になるから、北朝鮮からみれば、日本と戦争状態に入ったことになり、東京がミサイル攻撃される可能性もある。そうなれば、被害の規模は甚大なものになるだろう。

 こうした危険性については、本コラム(4月10日『北朝鮮、シリア 日本の危機が安倍総理のチャンスになる不可思議』)でも指摘した通りだ。

 しかし、我が国がこのような行為に及ぶ意味があるのかどうか、よく考えるべきだ。

 まず、危険に晒されるのは、グアム基地にいるB1B戦略爆撃機などの米軍だ。

 それを守るために日本の数千、数万の国民の命を犠牲にするということはどう考えてもおかしい。天下の愚行だと言っても良いだろう。

●「米側抑止力の欠如」≒「存立危機事態」

 しかし、今の安倍政権の論理では、こうした意味のない戦争に日本の国民が巻き込まれる可能性がかなりあるということを指摘しておかなければならない。

 その根底にあるのが、安倍政権による「米軍の抑止力至上主義」である。

 前述した通り、今回も、小野寺防衛相は、「米側抑止力の欠如」≒「存立危機事態」という論理展開をしている。もちろん、存立危機事態が認定されるためには、「国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」という要件を満たす必要があるのだが、これは、日本が攻撃されているというような「客観的事実」ではなく、「明白な危険があるかどうか」という判断の問題になる。

 最後は水掛け論になるのだが、往々にして、危険はないというのは難しいことが多い。

「北朝鮮が米国を攻撃したら、直ちに日本を攻撃してくるだろう」という議論に対して、「そんなことはわからないではないか」という反論をすることになるのだが、北朝鮮の金正恩委員長が日ごろから、日本を攻撃対象にするという言動をしている今日、「金正恩自身が言っている。こんなに危ない事態になっているのに、それがわからないのか!」「そんなことを言って反対して、もし、攻撃されたら責任をとれるのか」という議論が展開されるのは確実だ。「明白」かどうかの客観的判断基準が示されていない現状では、主戦論が慎重論を押し切る展開になることは十分にありうる。

●必然的に「米国の言いなりになる」論理

 米軍抑止力至上主義という安倍政権の哲学は、実は、「論理的に」日本は米国の言いなりにならなければならないということを意味している。

 それは、集団的自衛権の行使容認を決めた閣議決定(2014年7月1日)のすぐ後、7月14日に開催された衆議院予算委員会閉会中審査での、岡田克也民主党代表(当時)と安倍総理と岸田文雄外相(当時)の間でのやり取りだ。

 その一部を紹介しよう。おそらく驚愕する方が多いと思う。

岡田「日本が限定した集団的自衛権を行使しないことで日米同盟が深刻な影響を受ける。こういう場合には、この3要件(注:7月1日に閣議決定された集団的自衛権行使を容認するための3要件)に該当するんですか?」

岸田外相「日米同盟、我が国の平和と安全を維持するうえで死活的に重要である……。アメリカとの関係において、ほかの国との比較においても三原則に該当する、この可能性は高い……」

岡田「つまり、日米同盟というのは非常に大事だから、それが毀損するような、そういう場合であればこの新三要件の第一条件にそのものが当たってしまうという論理を展開すれば、常に日本としては集団的自衛権の行使ができる……」

安倍総理「日米同盟は死活的に重要でありますから、日米同盟の関係において起こり得る事態についてはこの要件に当てはまる可能性は高いわけでありますけれども……」

 このやり取りでわかる安倍政権の考え方は、「日米同盟は我が国の平和と安全にとって死活的に重要」→「日本の安全のためには、日米同盟に深刻な影響を与えてはならない」という論理だ。つまり、米国との信頼関係に大きなひびが入ったら、それによって米軍の抑止力が欠如してしまい、日本の安全が守れないという考え方だ。

 その先の展開は、誰でも予想できる。

「米国に求められたのに断ると信頼関係に深刻な影響が出る時は断ってはいけない。それが日本の安全のためだ」

「トランプ大統領が、一緒に北朝鮮を攻撃しようと言ってきた時、一度は断れるかもしれないが、『それなら、日本を守らないぞ』と言われたら、これは日米同盟の危機だから、求めに応じて参戦するしかない。その結果、日本が戦場になってしまうかもしれないが、それは最悪仕方ない。できるだけそういう事態を避けるように努力しよう。日米同盟がなくなるよりはましだ」

 という事態になるのだ。つまり、日米同盟が私たち国民の命と同じか、あるいはそれよりも上位に来るということになる。この論理は、米国が強気に出てくれば、日本はそれに従属するしかないということを意味している。

●日米安保で殺されるというパラドックス

 こうした論理は、「日米同盟」の根幹をなす日米安保体制そのものに対する疑問を産み出す。私たちは、日米安保条約の意義として、「日本をアメリカに守ってもらう代わりにアメリカに基地を提供する約束だ」と教えられてきた。

 しかし、その考え方は、かなり変貌を遂げて、「日米同盟(日米安保条約)を守れなければ日本は守れない」「だから、日米同盟(日米安保条約)を守ることは何よりも大事だ」という理屈に転化している。この考え方は、「日米安保を守るためには一部の国民が犠牲になっても仕方ない」という意味を持つ。

 実はこの考え方は今までもあった。しかし、これまでは、目に見えて犠牲になるのは、沖縄県民と一部の基地周辺住民だけだったので、一般国民は、あまりこのことを真剣に考えずにすんだ。(申し訳ないことだが、それが現実だった。)

 今起きているのは、この論理が拡大し、「日米同盟を守るためには、米国と一緒に戦うしかない。そうしなければ日本の安全が根底から脅かされるのだから」という理屈で戦争のリスクまで一般の日本国民が負わされるという事態だ。

 さすがにここまでくれば、誰もが気付く。「日米同盟よりも自分の命の方が大事だ。アメリカが攻撃されてアメリカ人が死んでも、日本が攻撃されない道があるのなら、そちらを選ぶべきではないのか」ということに――。

 そうしなければ、「日本国民を守るための日米安保条約」を「守る」ために多くの日本人が死ぬというパラドックスが現実のものになってしまうだろう。

 とりわけ、トランプ政権出現で、そのリスクは格段に高まっているのだ。

●後悔しないために今やるべきこと

 以上のようなことを言うと、日米同盟が無くなったら、中国がすぐに尖閣諸島を領有しようと攻めてくるに違いないという人が出て来る。「それでも良いのか!」と詰問してくるであろう。

 私なら、そんなことは起きないと答える。しかし、必ず、「絶対に攻めてくるぞ!攻めて来ないなどといい加減なことを言って、もし攻めてきたら責任をとれるのか!」という声が沸き起こるだろう。


スポンサーリンク


動画




ネットの反応




名無しさん

なんだ、週刊朝日か。
こんなん読む価値ない(すみません、全く読んで無いっす

名無しさん

タイトルだけ読んで、以下読む気がしない記事ですね。存在感が無いただの人ですね。拉致問題も、この方は、解決などできないね。口パクですね。

名無しさん

安倍内閣にダメージを与えた
豊田真由子議員については、
傷害罪で起訴されると、
罰金刑(前科)に処せられることになるだろう。
ただ警察が書類送検を行った以上は、
後に示談が成立し
不起訴となった場合でも、
前科前歴については
カウントされてしまうため、
病院に逃避することで、
警察の事情聴取を遅らせ、
示談交渉を行うための
時間稼ぎをしていると考えられる。
相手方の本音は
示談の条件として呈示された金額に
不満なのであろうが、
相手方に絶対的物証を握られている中で、
正に民事示談と刑事事件(+民事訴訟)との
瀬戸際の判断を迫られている訳だ。
酷似した事例では、
2014年4月演歌歌手の氷川きよしが
マネージャーを侮辱した上で
暴行を働き書類送検されたが、
金で解決し不起訴となった旨の
事件報道が広く知られるところ。
そうすると彼には
前歴1回が加算されたことに。

名無しさん

グアムに行くミサイルを日本が撃ち落とすことはできない。切り離された部品なら…
その状態はもう米韓と北の戦争状態です。
北の対日本の戦争意図に関係無く、沖縄だろうが何処だろうが攻撃があれば、当然応戦します。
仮に、四国から撃ち落とすことができるなら、日本がやらなければアメリカがやるだけです。
安保政策によって米国の戦争に巻き込まれる云々ではなく、地政学上巻き込まれてしまうんです。
もし日本が何にもしないなら日米安保上どうであれ、アメリカ国民が何と言うでしょう?
選挙の洗礼を受けるのですから、いずれ日米同盟は崩壊することになるでしょうね。
あなたを含めて共産党の主張する、日米同盟破棄に一歩前進することになります。

名無しさん

迎撃しようとすれば 戦争参加で攻撃される
可能性はあるでしょうね 北に口実を与えるのは間違いない
楽しみだね 米様を守る戦い 安倍くんがんばれ

名無しさん

国際社会から恩恵を受けるとこは恩恵を受け、厄介な部分には無視すれば良いんだ。
へー。そうなんだー。

.

暑さで頭がおかしくなったんですね。かわいそうに

名無しさん

>●グアムの米軍を守るため、日本を危険にさらす安倍政権
なぜ、北朝鮮ではなく、日本政府やアメリカが悪いという話になるのだろうか。
北朝鮮の側に正当性があると言いたいのか。

moonrose

だらだら書いてこの結論とは。
まるで日本は北の属国になれと言っているようなもんだ。
工作員確定ですな。

名無しさん

屁理屈以外のなんでもない、ほんとうにこんな事を信じているのなら、病院へ行くべき、昔の社民が、拉致など絶対ない!!!と言い張る感じと似ている、我々が、殺さるとすれば、平和ボケマスゴミか護憲妄想識者だろう!!!

名無しさん

米軍、自衛隊とも潜水艦からSLBMで攻撃されたら防ぎようないと、公言している。どうやって原発を攻撃から守るのか?国会で議論してほしい。

名無しさん

今の日本人は北朝鮮に殺されてもいいと思っている人が多数を占めてるので、危険性云々の問題ではないと思います。
確かに日本に落下しないミサイルを迎撃すれば、北朝鮮にすれば攻撃されたと普通に思うでしょ。
それに対して、東京、名古屋、大阪の主要都市に反撃を受けても日本は文句を言えないと思います。
日本政府が北朝鮮に対して、宣戦布告をして、アメリカと共同して、戦争を仕掛けるのであれば、理解できるのですが。
某首相は、数万人の市民に被害が出て、北朝鮮憎しの感情を利用して、憲法改正、再軍備を目論んでるんでしょうか?
まあ、人間死ぬときは簡単に死にますし、常在戦場の覚悟が日頃から必要ですね。

COD

で結局のところ、中国が尖閣を取りに来るという内容に対して、この人は絶対ないとのスタンスのようだが、実際に攻めてきたときにどうするかは一切触れないのね。
有事の際に日本は個別自衛権で、運良く数発のミサイル攻撃は防ぐことができるかもしれない。
しかし敵基地を叩く兵器もなく、更には9条が足枷になって一方的にやられるだろうな。
まぁ、この国のメディアが言う国民は、国民の生命より憲法が大事なようだからね。

名無しさん

戦争になればわかること・・これが答。

このコメントは非表示対象です。投稿内容に関する注意jn36chan

この機に乗じて、ただただ政権批判したいだけに見える。

名無しさん

テレビでも、古賀さんもミサイル迎撃すれば、といっているがなぜ?
グアム30kmなんて、北朝鮮からグアムまで17分間といっているわけだから、誤差範囲数十秒でグアム島直撃するのでは。それをだまってアメリカみているわけないのでは。たぶん北朝鮮がグアム方向に撃ったという情報あれば、迎撃システムは当然だが、たぶん原潜から報復の小型核SLBMが北朝鮮に打ち込まれるのでは。
北朝鮮はこれから実験段階のSLBM。
アメリカは、はるか昔にシステム確定技術。したがってミサイルを迎撃しようが、しまいが、日本は結局巻き込まれるのでは。でも想定するのがいやだから、それを無視した話するのでは。マスコミも忖度して。

名無しさん

「冷静に話し合おう」まさにデイブレイク。

名無しさん

同盟は維持しながらも、自国攻撃されるまでは何もしませんから、だから攻撃しないで。
で、攻撃されたら?てか、通用するかそんな馬鹿な話
事は多大なる国民の命と、国家体制の存続に関する事案です。貴方が決定しない他国の意思に絶対など有り得ませんし、その理論を担保する確証を示してから言いなさい。
ましてや、自国領だけに自国民が居るわけでは有りません。他国に居てる自国民は見殺しですか?
突発的に始まる戦争を、事前に知り得て避難させるなんて論は要りませんよ。迎撃よりも不可能だ。
先ずはとことん戦争回避、その次には反撃を与えない先制攻撃(否が応でも相手だって、アメリカ駐留軍に攻撃してくるんだから、いずれにしても、日本への攻撃は行われる。)が常套手段なんです。
しかしながら、日本国には先制攻撃権がないなかでは、アメリカの攻撃力に頼らざるを得ないのが現実です。

名無しさん

あ、また、表舞台から閉め出された人が何か言ってる(笑)
あんたが、暴漢に教われても警察は助けなくていいって言ってるんですね。

名無しさん

自分が作った前提に合わせて話をしてるだけなんだよなぁ。ある意味で筋は通ってるんだが、「いくらでも言える」の範疇を出てない。選択肢が揃ってない時にどうするかを示すべきなのであって、楽観的な前提に立てるのであれば、アメリカを信用してどこまでも行きましょう!だって言える。この期には綺麗事ではなく、最小限のコストやリスクで国民の生命と財産を守る方策を語って欲しい。戦争を回避すべきだと言うなら、「べきだ論」ではなく、具体的な現実の案の提示を。

名無しさん

こういう時、なぜ、ミサイルを発射してくる非常識な北朝鮮を問題にするのではなく、日米安保が悪いということになるのだろうか?日米安保がなければ、ミサイルが日本列島を避けて飛んでいってくれるとでも?

名無しさん

ヤメ官僚、勘違いの人が多い。
なぜなら、自分が偉い、と思っているから。
能なしコメンテーターは不要。

名無しさん

核ミサイル迎撃して爆発した際のリスクをまるで考えていないアホが多すぎる。
まさか何の被害もないと思ってるのか?

名無しさん

デブに謝りに行けば良いのかい?
だから、君は駄目なんだ。

名無しさん

うん。
こういう『神学論争』をやっているうちに、危機はどんどん熟れ膨らんでいく。
最も重要な問題はそんな事ではない。
客観的に判断すれば、北が米に勝つことはあり得ない。とすれば、その戦争に日本がどこまでコミットでき、または出来ないのか。
日本がコミットした場合の国益がどこまで確保でき、又は失い、
コミットしなかった場合の国益がどこまで確保でき、又は失うのかを出来うる限り正しく想定し、如何なるチョイスをするのかをあらかじめ準備出来ているか否かなのである。

名無しさん

日米安保に生かされてきた日本についてはいかがお考えか? まさか憲法9条によって平和が保たれてきたとでも?

朝月

いつからか変な論調になったね、この方も。真っ当な日本人になって欲しいが、どこかの影響を受けているのかなあ。
最初の頃は本も買っていたのに、今はガッカリ文が多くて・・・。

名無しさん

だから何なの?
何が言いたいのか、さっぱりわからない。
こういう人間は、百害あって一利無し。

名無しさん

はぁ、意味不明。
相変わらず古賀は頭がおかしい!
ここに出ているさまざまなコメント読んで、自分がいかに頭がおかしいか考えてみたら。

名無しさん

前川前事務次官の件で理解したけど、結局、天下りのラインから外された腹いせでクダを巻いているだけ。

名無しさん

お前の説なんて誰も信じねーよ!

名無しさん

この人がテレ朝や朝日系列に重用される理由が良くわかる。
この人の理屈で言えば、自前の軍隊で国防を強化する必要があるが、そこには一切言及せず、そういう話になれば周辺国を刺激し危機を煽るとか言い出すのだろう。国を守るということを何だと思っているのか。本当にふざけた奴だ。
そもそも日米安保というのは国同士の条約であり、時の大統領の感情ひとつでどうこうの話しではない。アメリカだって日本に逃げられたら、アジア中東などの軍事的プレゼンスに多大な不利益がある。
こうやってメディアリテラシーの低い高齢者や、思考能力の低い層を煽って政権転覆を目論む極左の輩の思うようにさせてはそれこそ日本の最大の危機である。

YMO

ひるむ必要はない。「話し合えばいい。」
無責任な平和論者と変わり映えしないな。
日米安保無ければ専守防衛でなく敵国を攻撃出来る様にして国防費も今の5倍は負担となるぞ。

( ̄▽ ̄)

本来の当事者は韓国だよ。
韓国がいつも通りに何もしないから日本とアメリカが対応するんじゃないか。
何もしなくて良い方向に向かう国なのか北は?
危機意識が的外れもいいかげんにしろよ!

名無しさん

読んで損したわ。

名無しさん

そもそも北朝鮮など敵対はないはずだが、不審船事件や拉致事件、テポドンの日本領空通過で勝手に敵対してきている。
殴ってやると息巻いている異常者に仲良くしましょうと手を差し出すようなもの。

名無しさん

共産主義国家日本は、正しく戦時中のこの国の体制だったんだよ。だから、頭でっかちな、おまエラが、何を言おうが、繰り返さないだろうよ。安心シナ。広島上空を通過する花火は自衛隊が、撃ち落とし、また、ゲームとやらの流れが変わる。それでも、日本はブァシズムなんかには走らない。おまエラが、居なくなるか、変わるかなんだよ。

名無しさん

この古賀という馬鹿には日本が単独自衛で中華人民共和国の侵攻北朝鮮から日本を守れるのかという論点が抜けている今まで誰のおかげで平和だったのか考えろ

Byzantine

安保ガーーー!!!
安倍ガーーーー!!!
みんな悪いーーー!!!
アサヒアカヒの何時ものインチキ論理の代弁記事。

東京都会社員藤堂純

典型的な『話せばわかる』論理。
バカ

oyaoya

古賀のど素人論。貴様はサムライではない。日米安保の美味しいとこ取り論。こんな同盟関係が許されるか。
北朝鮮のミサイルが成層圏通過してグアム本土に落下しても宇宙条約で日本の領空侵犯には当たらず、また撃墜手段もないが、高度が低く成層圏下で飛来した時はで国際法上の領空侵犯として撃墜は許されるんだ。
最悪事態は駐留米軍が北朝鮮爆撃に向かうから日本は同盟関係の必然性から我関せずではいられなくなり北朝鮮の敵になる。

名無しさん

ミサイルに手出しさえしなければ、日本が戦争に巻き込まれないという根拠は?

名無しさん

でも、日本がミサイル攻撃されたら、アメリカに助けを求めるんだろ!?考えが甘過ぎる!。

名無しさん

日本が、いざとなれば、北や中国を無慈悲な攻撃で何度も火の海にできる軍備を整えているなら、この人の言っていることもわからなくはないが、
今の日本の現状で、よくもこんなイカれたこと言えるな。
それに、これは政府にも問いたいが、多くの日本人が北朝鮮に拉致されている日本は本来は既に北朝鮮と戦争状態じゃないのか?

名無しさん

集団的自衛権を認めた安倍政権の罪は大きい。戦争は絶対起こしてはならない。70年前の日本人はそのことを身にしみて感じたはずなのに、同じ失敗をまた重ねるのか?

ピンポンダッシュ

売国捏造朝日。




スポンサーリンク