スポンサーリンク

education-background-korea

韓国が学歴社会・進学熱が高い国だということは
近年のニュースなどでよく知られていますよね。

日本の大学進学率が、54パーセントのところ、
韓国は90パーセントに近い数字
なっているのですから、
ほとんどの人が大学に進学していることになります。

これなら、大学卒でなければ、
人間扱いされないといわれるのも何となく、
納得できますね。(苦笑)

しかし、彼らが、どれだけ頑張っても、
その大半は就職ができていないことをご存知でしょうか?
こんなに頑張っているのに、就職先すらないのですよ。

就職難だと言われている我が日本の大学生でも、
実は統計によると93.6パーセント程度が就職
できているのに
対しお隣の韓国では約半数の新卒学生が就職できていません

また、そのやっと就職できた学生さえ、
一流企業に就職できるのは、ほんのわずか5パーセントにすぎません。

しかも、就職先がある学生でも7割が非正規雇用で、
月収が平均88万ウォン、日本円にしてたった約6万円しか
もらえていないのが統計的に見た現状です。

maxresdefault

ご存知のように、日本と韓国の物価にあまり変わりません。
その年収で、自立などできるはずがありません。

幼稚園のころからの過酷な受験戦争を戦い抜け、
ようやく大学を卒業したのにたった6万円で働けと言われる学生たちは、
どんな気持ちなのでしょうか。

将来に希望が持てますか?

国の経済のことを考えても、学生の大半が非正規雇用者で、
経済活動に参加できない国で、
経済が発展していくとはとても思えません。


今まで培ってきた技術やノウハウを
次の世代に継承させていくのが
国や企業を発展させていくことだと思います。

このまま、なにもノウハウを受け継いで
いない学生たちが大人になったとき
韓国の企業社会はどうなっているのか、
考えただけでも恐ろしいことです。

そんな韓国では、自国に見切りをつけて、
海外に目を向けている学生たちが増えています。
もはや、これは目を向けていると言うレベルでは無く


脱出!


とも言えるのでは無いでしょうか?
また、せっかく就職できたとしても日本の様に
長期的に採用されることも難しい社会なんです。

韓国の失業率推移の本当の実態とは?低い理由と定義の嘘とカラクリ!

現状の日本の若者への待遇が良いとは言えませんが、
韓国ほど恐ろしいものでは無いと実感ベースでは
感じております。

まさに絶望国家と言えるのでは無いでしょうか?
この事から自弑率も物凄い勢いで伸びている様ですね・・・。


【絶望国家】韓国の自弑率が高い理由は行き過ぎた競争主義とグローバリズム?


スポンサーリンク

↓ブログランキング応援お願い致します!↓


スポンサーリンク