スポンサーリンク

tyoushgasegpa

韓国では徴兵制度が
今もあることをご存知の方も多いと思います。

また、アメリカ軍との関係も密接なことから、
軍事力のある国だと思われがちですが、


青山繁晴、アメリカ軍は韓国軍を信用していない!

韓国とアメリカの軍隊の関係性を解説している
この動画は衝撃的でしたよ!

軍事力を維持するためには、多額な費用がかかります。
人件費はもちろん、最新の兵器も必要です。

また、最新兵器には、国の技術力が大きく影響します。
そのため、今の韓国の経済力と技術力を考えると、
韓国に満足な軍事力があるとはとても思えません。


最近、日本のネットでは韓国軍があまりに
酷いのでお笑い韓国軍などとも呼ばれていますね・・・。


最強お笑い韓国軍シリーズwミサイル落下事故は誤射だった事を必死に隠蔽工作の実態!

その軍事力にも疑問のある韓国の抱える、
大きな爆弾とも言えるのがアジアのかまってちゃんこと、


北朝鮮です。


kitatiesauighas@

韓国は、国家統一を夢見ているようですが、
一度分裂した国家が統一する負担は、
並大抵の努力や金銭負担では無いのは創造出来ますね。

東西ドイツやソマリアの例を見ると
歴然ですが、それだけの負担に耐えることが
できる体力は今の韓国にはありません

統一と国で言うだけで、
具体的な対策を練っているとは思えません。

むしろ、支持率低下や選挙の対策としての
発言に聞こえなくも無いですよね?

今現在の様子を見ても、どう考えても、
韓国と北朝鮮が統一されることは、現実的とは思えません。

もはや、両国を分裂した
「2つの祖国」とは言えないのでは?

とすると、北朝鮮は韓国にとって、
軍事的脅威
以外の何物でもなくなりますね。

そして、この軍事的脅威が問題になります。
北朝鮮への軍事的脅威が政治的に利用され続けていることです。

延坪島が北朝鮮により砲撃されたとき、
韓国国民の脅威が高まり
アメリカへの依存心が強くなりました。

それがのちに制定される
「米韓自由貿易協定(FTA)批准」の同意への流れを作ったのです。


米韓FTAの恐怖を解説!郭洋春 JAM THE WORLD

↑の動画はアメリカに経済的主権を奪われた、
韓国について語られております。

歴史を見れば、韓国は、長い間、
属国として中国に寄り添い続けた国です。
困ったときは大国になびく、
という選択を簡単にできる国です。


これからも自分たちで解決できない大きな問題を
抱えているこの国は、
いつまでも大国に翻弄され続けるのかもしれません。

万年属国と言う汚名すら持っている韓国の政治の基本は
コウモリ外交と呼ばれる大国への依存の歴史です・・・。


室谷克実、韓国は中国の属国に戻るだけ→反日をこじらせた金慶珠がコウモリ外交を火病で弁明!


スポンサーリンク


スポンサーリンク